WDC女性歯科医師の会【西日本支部】

WDC女性歯科医師の会【西日本支部】の活動内容をお知らせします。
事務局からのお知らせ

What's New

H29年4月支部会

みなさん、こんにちは(^^)

4月ですね。入学、入社、転勤などなど、ご自身やご家族が新生活を始めた人も多いのではないでしょうか?

私も大学の同級生と10年ぶりに再会し、昔話に花が咲きました😊

 

さて、さる平成29年4月23日(日)9:30から、株式会社ヨシダ福岡支店研修室にて西日本支部4月支部会が開かれました。

 

午前は、
・総会予演:牧角先生 、飯田先生 、山本先生 

いよいよ来月に迫ったWDC総会に向けて、発表候補者の各先生は最終準備に入りました!! 

きっとゴールデンウィークも落ち着かないと思いますが、みなさん、頑張ってください!

 

午後は、

・エンド症例:鍵山先生 

新入会員への宿題、エンド症例。

今回は鍵山先生の番です。

開かない根管、エンドーぺリオ病変の治療法などについて、ディスカッションが繰り広げられました。

下川セミナー受講前後での鍵山先生のデンタルX線写真に対する意識の変化、素晴らしいなと思いました。

 


お昼をはさんで、午後は3月の追加で

・歯周病診査診断:西原先生 

初期治療について。診査、診断、治療ステップについて症例を交えてわかりやすく説明していただきました。

まだお若いのにしっかりと臨床に取り組まれ、実に将来有望ですね😊 
・歯周外科1:椋先生 

アクセスフラップについて症例も踏まえて。どんな難しいオペも、まずここができてから、ですね。(^^)基本の重要性について、改めて勉強になりました。

・歯周外科2:萬代先生

根面被覆と再生療法について。

ディシジョンツリーに従っての適応症の選択、とてもわかりやすい説明と見事なオペ、さすがです。。切開線の入れ方や縫合など大変勉強になりました。
・審美症例:吹訳先生

咬合から根管治療まで多岐にわたる症例のご提示。義歯の設計から、MTAセメントの使い方も含め、盛りだくさんで充実したプレゼン、ありがとうございました。

・経基臨塾予演:西村先生

今日全てのプレゼンの中で、最も大きな賞賛を浴びた西村先生。あのような素晴らしい臨床が出来るようになりたいと思いました😊

先生の症例は日本歯科評論4月号やクインテッセンス最新号にも掲載されていますので、みなさん、是非ご覧ください。

・症例シミュレーション:野地先生

顎関節のあるかがい咬合症例について。事前の説明が非常に大切であるとアドバイスをいただきました。

 

また、今日は去年ママになった岩崎先生と須井先生が久しぶりに赤ちゃんを連れて会にご参加くださいました😊

   

夜は今泉の「ホテルエルミタージュ」にて懇親会。

ワイン片手に楽しいひと時でした(^^)

 

 

さて、いよいよ来月の5月20、21日は総会です。

年に一度のビッグイベント。楽しみに大阪に向かいたいと思います(^^)

関西支部の皆様、ご準備本当にありがとうございます。

 

ではでは。

 

               ブログ係・野地

 

 


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
【重要】会員必読!!「女性が輝く歯科界へ」

 みなさん、日本歯科医師会雑誌3月号はご覧になりましたか?

 働く女性歯科医師24時間、というページに当会会長・林美穂先生が、「女性が輝く歯科界へ」という題で寄稿されています。

 

 女性歯科医師が増加の一途を辿る中、歯科界に訪れるさまざまな問題、課題に関して、非常にわかりやすく、かつ核心をついた文章を書かれています。

 人材確保や女性が働きやすい職場づくり、さらにはスタディクループの重要性についてなどなど。具体的には、院内託児所やスタッフに対するサポート体制といった非常に興味惹かれる内容から、当WDCの存在意義と歴史についてまで。

 働きたくても働けない、勉強したくても安心してできる場所がない・・・そういった歯科に携わる多くの女性の悩みに懸命に取り組み、新しい時代を常に切り開いてきた林会長ならではの熱い思いが詰まった会員必読の文章です!

 

「女性だって・・・」でなく「女性だからこそ!」を肩肘張るでなく、上手に体現してこられた林会長の存在こそが、歯科界の新たなイメージそのもののように思えてなりません(^^) 

 みなさん、読まないと本当にもったいないですよ。ぜひぜひ、ご覧になってくださいねv

  

 

 


| WDC関連書籍情報 | ↑ページトップへ | 編集
H29年3月支部会

みなさん、こんにちは(^^)

最近、少し暖かくなって春めいてきましたね。

 

さて、平成29年3月5日(日)9:30から、株式会社ヨシダ福岡支店研修室にて西日本支部3月支部会が開かれました。

 

午前は、

・日本審美歯科協会講演予演:吉村先生 

3/19に京都で開催される日本審美歯科協会総会にて、支部長の吉村先生がご講演されます。また、同講演会では東日本支部長の天川先生もプランナーとしてご登壇されます。とても勉強になること間違い無しです! 来週末ですので、ご都合のつく方は是非行かれてくださいね!
・総会予演:牧角先生 、飯田先生 、山本先生 

5月に大阪で開催されるWDC総会に向けて、発表候補者の各先生は絶賛準備中です!! みなさん、頑張ってください!

・英語:元先生 

いつもと趣向の違う、「とっさの歯科臨床英会話」風の楽しいプレゼン。英語に韓国語にと語学堪能な元先生ならではのアイデアですね。英語は畏まらずに、とにかく話してみることが大切とのこと。第二弾、期待しています(^^)

 


お昼をはさんで、午後は、
・矯正:森中先生 「矯正治療のゴールとは?」

歯並びと噛み合わせ、顔貌が調和し、かつ長期安定をゴールとする矯正治療を行なっている森中先生。一般歯科医と矯正専門医が一緒に患者さんを診る場合、知識を共有することがいかに大切であるか、といったことなど非常に勉強になりました! 

・歯周病診査診断:西原先生 

初期治療について。診査、診断、治療ステップについてわかりやすく説明していただきました。
・歯周外科1:椋先生 

アクセスフラップについて。自分の技術、患者さんの状況、適応症を選ぶことが大切とのこと。最もベーシックな歯周外科のテクニックだけに、議論も白熱しました(^^)

・歯周外科2:吹訳先生

APF(歯冠側延長術)について。FGGとの比較を交えてご発表されました。いつもながら見やすくわかりやすいプレゼンには定評がありますね(^^)
・歯周外科3:小原先生

根面被覆について。角化歯肉の厚みや切開線の入れ方などについて、詳しく教えていただきました。そして、経験の大切さについてアドバイスがありました。数多くの文献や本を読みこなされている小原先生の、「経験が大切!」というお言葉。とても印象に残りました。

 

 

夜は大名の「ダ・フチガミ」にて懇親会。

新入会の先生も増え、ワイン片手に楽しいひと時でした(^^)

 

 

次回の支部会は4月23日の予定です。

総会前の最後の支部会になりますので、会員の皆様、奮ってご参加くださいね(^^)

ではでは。

 

               ブログ係・野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集

新着情報

カテゴリー