WDC女性歯科医師の会【西日本支部】

WDC女性歯科医師の会【西日本支部】の活動内容をお知らせします。
WDC事務局からのお知らせ

What's New

H29年11月支部会

みなさん、こんにちは。

朝夕めっきり寒くなりましたね。風邪などひいていませんか?

 

さて、11月5日(日)株式会社ヨシダ研修室にて、西日本支部11月例会が開かれました。

 

9:30〜10:30 審美歯科協会入会症例 宗行先生・吹訳先生 

デンタルの扱い方に加え、根治症例のポイント、コアーの選択、

症例発表のポイントなどに関して、様々なアドバイスがありました。

 

10:30〜11:30 総会予演 山本先生・小原先生

来年5月東京で開かれるWDC総会に向けての予演。

山本先生、小原先生、準備大変だと思いますが、頑張ってください!!

 

11:30〜11:40 宿題 松本先生

口腔内写真5枚法&デンタル10枚法の宿題。

新入会員必須の課題です。

規格性のある写真&デンタル、松本先生、さすがです。

 

 

11:40〜12:00 エンド症例 植木先生

こちらも同じく新入会員必須の課題です。

根管充填に関し、レンツロとシーラーの扱いについてアドバイスがありました。

 

12:00〜13:30 お昼

サプライズで林会長のお誕生日お祝いを行いました。

バラの花束がとても良くお似合いの我らが林会長❤

いつも私たち会員を導いてくださり、本当にありがとうございます(^^)

 

13:30〜15:20 歯周外科に関する講義 吉村先生

吉村支部長より、ご自身の歯周病学会専門医症例をふくめ、多くの症例を交えながら、

フラップの扱いや切開線の入れ方など基本的なところから応用に至るまで

多岐にわたる内容丁寧にご講義いただきました。

なんとも贅沢ですね。大変勉強になりました!

 

15:30〜17:00 症例相談 山田先生・西村先生・椋先生・吹訳先生

顎位の模索やプレゼンに関してなどなど、様々な相談がありました。

 

 

懇親会は今泉にあるイタリアン・AJITOにて。

今回もよく学び、よく遊び、今宵も楽しい宴となりました。

 

 

今年の支部会はこれで終了です。

次回の支部会は来年1月。新年会を兼ねた支部会です。

みなさん、ご自愛くださいね。

 

ブログ係 野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H29年9月支部会

朝夕だいぶ涼しくなりましたね。

さて、9月17日(日)に9月支部会が株式会社ヨシダ福岡支店研修室で開かれました。

大型台風が九州直撃のため、公共交通機関がいくつかストップしたにもかかわらず、

手段を変えるなど手を尽くして会場入りを果たした熱いメンバーが20余名。

中には、台風とともに別府からマイカーで北上してきた猛者も!? 

本当に勉強熱心なスタディーグループだと思います(^^;)

 

 

9:30からスタートした支部会のトップバッターは、道場破り!?ではなく、関西支部からのお客様、宗行先生です。

根管治療を行なった症例を数ケースと全顎症例ケースを相談なさいました。

症例そのものに加えて、デンタルの撮影や読影についてアドバイスがありました。

デンタル一枚見れば、その先生がどれだけ本気で治療に取り組んだかわかる、と林会長がおっしゃる通り、

どのデンタルからも宗行先生の真剣さが伝わってきました(^^)

 

 

続いて、来年5月東京で開かれるWDC総会に向けての予演。

候補者の山本先生、小原先生、小川先生、準備大変だと思いますが、頑張ってください!!

それにしても、小原先生の守備範囲の広さにはど肝を抜かれました。

栄養学から心理学まで多岐にわたる診査診断、患者さんも他県から数多くいらっしゃるとのこと。

やはり是非1度見学させてもらわねば。。。

 

 

昼食を挟んで、午後は口腔内写真5枚法&デンタル10枚法の宿題。

新入会員必須の課題です。前回に引き続きは若手の吉永先生と矯正専門医の大石先生が該当者でしたが、

お二人とも規格性のある写真&デンタルをしっかりと提出されており、素晴らしいなと思いました。

大石先生からは症例相談も一例ありました。

 

 

続いて、形成・印象に関して、吹訳先生。

いつもながら、吹訳先生のプレゼンテーションの巧みさには感服しました。

マイクロスコープを使った形成印象についてのお話もありましたが、マイクロといえども、

やはり基本あってこそのようで、とても勉強になりました。

また、吹訳先生といえば、先月号のデンタルハイジーンに病院紹介で掲載されておりましたので、みなさん、是非ご一読を(^^)

 

最後は若手の期待株・小川先生による再生療法のご発表。

得意な外科処置の数々、恐れ入りました。

愛すべきそのキャラクターも相まって、ますます小川先生からは目が離せません。

 

 

他に症例相談として、高森先生より症例のご提示がありました。

次のご発表を控え、大忙しの先輩方。着実に、一歩ずつですが、背中を追いかけ、精進していきたいものです。

 

 

懇親会は警固にある焼き鳥りりあにて。

よく学び、よく遊び、今宵も楽しい宴となりました。

 

次回の支部会は11月です。

みなさん、ご自愛くださいね。

 

ブログ係 野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H29年7月支部会
みなさんこんにちは?

暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

7月23日日曜日にヨシダ6階にて西日本支部会が開催されました。
まずはじめに、科研製薬株式会社の方がお越し下さいまして歯周組織再生剤「リグロス」の説明をして頂きました。リグロスの歯周組織再生の機序、FGF受容体に作用する事で繊維芽細胞や血管内皮細胞が増殖する事。実際のリグロスの使い方などを御丁寧にレクチャーして頂き、自分達のスキルアップとそれに伴いこの様な薬剤の知識を取り入れて、実際の臨床に活用していけたら??と思います。

その後は吉永先生、大石先生による、10枚法と5ブロックの宿題のご発表

規格性のある資料取りは毎回大切であると感じます


山田先生のNDCの余演



小川先生の再生療法のご発表

そして、午後からは東洋医学のスペシャリスト竹田先生をお招きして
基本的な東洋医学の考え方から歯科における不定愁訴など今まで原因不明だと感じていた痛みの対処法などを教えて頂きました。



実際に目の前で竹田先生の診断を拝見させて頂き、鍼治療や漢方、ツボの知識を教えて頂きました。

東洋医学は奥が深く、口腔内のツボをブラッシングする事で全身の健康改善に関わっていたり
実際に鍼治療を併用する事で血行促進、気の流れの改善を促したり…
半日だけでは時間が足りない程盛り沢山なお話でした。



その後懇親会は鉄板焼きのうまかもん亭にて竹田先生もご参加いただき盛り上がりました。


西日本支部 宮澤碧

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H29年4月支部会

みなさん、こんにちは(^^)

4月ですね。入学、入社、転勤などなど、ご自身やご家族が新生活を始めた人も多いのではないでしょうか?

私も大学の同級生と10年ぶりに再会し、昔話に花が咲きました😊

 

さて、さる平成29年4月23日(日)9:30から、株式会社ヨシダ福岡支店研修室にて西日本支部4月支部会が開かれました。

 

午前は、
・総会予演:牧角先生 、飯田先生 、山本先生 

いよいよ来月に迫ったWDC総会に向けて、発表候補者の各先生は最終準備に入りました!! 

きっとゴールデンウィークも落ち着かないと思いますが、みなさん、頑張ってください!

 

午後は、

・エンド症例:鍵山先生 

新入会員への宿題、エンド症例。

今回は鍵山先生の番です。

開かない根管、エンドーぺリオ病変の治療法などについて、ディスカッションが繰り広げられました。

下川セミナー受講前後での鍵山先生のデンタルX線写真に対する意識の変化、素晴らしいなと思いました。

 


お昼をはさんで、午後は3月の追加で

・歯周病診査診断:西原先生 

初期治療について。診査、診断、治療ステップについて症例を交えてわかりやすく説明していただきました。

まだお若いのにしっかりと臨床に取り組まれ、実に将来有望ですね😊 
・歯周外科1:椋先生 

アクセスフラップについて症例も踏まえて。どんな難しいオペも、まずここができてから、ですね。(^^)基本の重要性について、改めて勉強になりました。

・歯周外科2:萬代先生

根面被覆と再生療法について。

ディシジョンツリーに従っての適応症の選択、とてもわかりやすい説明と見事なオペ、さすがです。。切開線の入れ方や縫合など大変勉強になりました。
・審美症例:吹訳先生

咬合から根管治療まで多岐にわたる症例のご提示。義歯の設計から、MTAセメントの使い方も含め、盛りだくさんで充実したプレゼン、ありがとうございました。

・経基臨塾予演:西村先生

今日全てのプレゼンの中で、最も大きな賞賛を浴びた西村先生。あのような素晴らしい臨床が出来るようになりたいと思いました😊

先生の症例は日本歯科評論4月号やクインテッセンス最新号にも掲載されていますので、みなさん、是非ご覧ください。

・症例シミュレーション:野地先生

顎関節のあるかがい咬合症例について。事前の説明が非常に大切であるとアドバイスをいただきました。

 

また、今日は去年ママになった岩崎先生と須井先生が久しぶりに赤ちゃんを連れて会にご参加くださいました😊

   

夜は今泉の「ホテルエルミタージュ」にて懇親会。

ワイン片手に楽しいひと時でした(^^)

 

 

さて、いよいよ来月の5月20、21日は総会です。

年に一度のビッグイベント。楽しみに大阪に向かいたいと思います(^^)

関西支部の皆様、ご準備本当にありがとうございます。

 

ではでは。

 

               ブログ係・野地

 

 


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H29年3月支部会

みなさん、こんにちは(^^)

最近、少し暖かくなって春めいてきましたね。

 

さて、平成29年3月5日(日)9:30から、株式会社ヨシダ福岡支店研修室にて西日本支部3月支部会が開かれました。

 

午前は、

・日本審美歯科協会講演予演:吉村先生 

3/19に京都で開催される日本審美歯科協会総会にて、支部長の吉村先生がご講演されます。また、同講演会では東日本支部長の天川先生もプランナーとしてご登壇されます。とても勉強になること間違い無しです! 来週末ですので、ご都合のつく方は是非行かれてくださいね!
・総会予演:牧角先生 、飯田先生 、山本先生 

5月に大阪で開催されるWDC総会に向けて、発表候補者の各先生は絶賛準備中です!! みなさん、頑張ってください!

・英語:元先生 

いつもと趣向の違う、「とっさの歯科臨床英会話」風の楽しいプレゼン。英語に韓国語にと語学堪能な元先生ならではのアイデアですね。英語は畏まらずに、とにかく話してみることが大切とのこと。第二弾、期待しています(^^)

 


お昼をはさんで、午後は、
・矯正:森中先生 「矯正治療のゴールとは?」

歯並びと噛み合わせ、顔貌が調和し、かつ長期安定をゴールとする矯正治療を行なっている森中先生。一般歯科医と矯正専門医が一緒に患者さんを診る場合、知識を共有することがいかに大切であるか、といったことなど非常に勉強になりました! 

・歯周病診査診断:西原先生 

初期治療について。診査、診断、治療ステップについてわかりやすく説明していただきました。
・歯周外科1:椋先生 

アクセスフラップについて。自分の技術、患者さんの状況、適応症を選ぶことが大切とのこと。最もベーシックな歯周外科のテクニックだけに、議論も白熱しました(^^)

・歯周外科2:吹訳先生

APF(歯冠側延長術)について。FGGとの比較を交えてご発表されました。いつもながら見やすくわかりやすいプレゼンには定評がありますね(^^)
・歯周外科3:小原先生

根面被覆について。角化歯肉の厚みや切開線の入れ方などについて、詳しく教えていただきました。そして、経験の大切さについてアドバイスがありました。数多くの文献や本を読みこなされている小原先生の、「経験が大切!」というお言葉。とても印象に残りました。

 

 

夜は大名の「ダ・フチガミ」にて懇親会。

新入会の先生も増え、ワイン片手に楽しいひと時でした(^^)

 

 

次回の支部会は4月23日の予定です。

総会前の最後の支部会になりますので、会員の皆様、奮ってご参加くださいね(^^)

ではでは。

 

               ブログ係・野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H29年1月支部会

みなさん、こんにちは(^^)

2017年いよいよ始まりましたね!

今年もよろしくお願いいたします。

さて、1月8日(日)に福岡にある株式会社ヨシダ研修室(6F)にて今年初の西日本支部の支部会が行われました!

◯宿題(口腔内写真5枚法、デンタル10枚法):植木先生

当会では、適切な治療を行うには正確な診断が大切であり、正確な資料採取が必要であると考えています。

そのため、新入会の先生方には口腔内写真とデンタル10枚法の宿題が課されます。


きれいな写真やレントゲンを撮られている植木先生、反省点まできちんと発表されていました。

◯英語抄読:萬代先生

歯周病についての論文でした。当 会には著名な先生方の通訳を担当される松下容子先生がいらっしゃるので、発音や解釈についてご指導いただきました。

◯矯正症例:高森先生・岸先生


矯正を習得するために毎月日本中を駆け回っているお二方が発表されました。沢山の先生から活発な意見が出て大変盛り上がりました。

◯エンド症例:小川先生

当会では、<一本の歯をきっちりと治す>という基本を大切にしているため、入会後エンド症例を必ず発表することになっています。林美穂会長がエンドのみならず、その後の最終補綴に至るまでのアドバイスをされました。

◯総会予演:山本先生・飯田先生
総合治療とラミネートについてでした。今年の総会は5月に大阪で行われます。

◯カメラ勉強会

講師の先生をお招きして、カメラについて学びました。また実際に手に取って撮影したり、撮影したものを検証したりしました。いいカメラが欲しくなりました。

支部会が終わって、新年会は今泉のフレンチレストラン・エルミタージュにて。

松下先生行きつけの、とても雰囲気のよいお店でした(^^)

二次会は薬院のバー・KISSにて。

次回の支部会は3月6日です。

みなさん、今年もどうぞよろしくお願い致します!





ブログ係 野地 西村

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H28年11月支部会

H28年絵11月支部会

 

みなさん、こんにちは(^^)

早いもので、今年もまもなくあと1ヶ月ですね。みなさんの2016年はいかがでしたか? 

私は開業という大きな節目を迎え、濃密な一年でした(^^;)

ラストスパート、しっかりかけていきたいですね(^^)

 

さて、11月20日(日)に福岡にある株式会社ヨシダ研修室(6F)にて西日本支部の支部会が行われました!

 

◯総会予演:牧角先生 

来年5月に関西で開催されるWDC総会に向けて、着々と準備を進めていらっしゃるご様子。

牧角先生、総会、頑張って下さいね!

 

◯エンド症例:井口先生、大谷先生

当会では、<一本の歯をきっちりと治す>という基本を大切にしています。

そのため、入会後エンド症例を必ず発表することになっていますが、今回の担当は井口先生と大谷先生。

感染根管と抜髄根管に対するアプローチの違い、下顎4番の2根管についてなど、会場の先生よりアドバイスがありました。

また、一枚のデンタルを見れば、診査・診断だけでなく、そのドクターの診療に向かう姿勢まで、たくさんのことが分かるそうです。

この<基本>を繰り返しながら、精度を高めていくのが大事なのかもしれませんね。

 

◯宿題(口腔内写真5枚法、デンタル10枚法):小川先生、鍵山先生

当会では、適切な治療を行うには正確な診断が大切であり、そのためには正確な資料採集が必要であると考えています。

そのため、新入会の先生方には口腔内写真とデンタル10枚法の宿題が課されます。

お二人ともプレゼン経験も豊富のご様子。頼もしい新メンバーの加入で、当支部もまたいっそう盛り上がりそうです。

 

 

◯審美症例:小原先生 

今年の西日本支部のテーマは<審美>ということで、一年間に渡って、審美症例の発表を行ってきました。

今回は小原先生からCRについての素晴らしいご発表がありました。

色合わせのポイント、材料選択の基準、細かいステップごとの注意点についても、非常にわかりやすくご説明いただき、大変勉強になりました。

 

 

◯審美・エンド症例:山田先生、椋先生

来年の初めにある審美歯科協会の入会審査に向けてご準備中の山田先生と椋先生。

会の先生方から様々なアドバイスがありました。ラストスパート頑張って下さい!

 

◯症例シミュレーション:別府先生

毎回、お一人またはお二人の先生に症例をご提示いただき、それについて自分ならどうするか全員で治療方針について考えるのがこの症例シミュレーションです。

今回別府先生にご提示いただいたのは、他院にてすでに全顎治療を行っている症例。

この場合、どこまで治療を加えていくのか非常に難しいところですが、患者さんとしっかり話し合った上で決定していくことの大切さについて勉強になりました。

 

◯セミナー「歯科治療で変わる患者の健康とQOL」:林先生

林会長の圧巻のプレゼンテーション。木を見て森を見る、森を見て木を見る。そして、歯科治療はバランスが大切であると。

昔、「九州にはすごい女性の先生がいるよ」とメンターの先生に教えてもらい、林会長のご講演を初めて聞きに行かせていただき、胸が熱くなったことを思い出しました。

 

 

支部会が終わって懇親会は、警固のフレンチにて。

 

 

林会長、吉村支部長、幹部の先生方etc...つくづく九州には利他の心を持つ侠気溢れる女性が多いなあと思います。

 

師匠がいて、仲間がいて、鍛えてもらえる場があって、、、本当にありがたいなと思います。

 

今年の支部会は11月が最後です。来年は1月8日が初回です。

 

みなさん、来年もどうぞよろしくお願い致します!

 

 

           文責 野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H28年9月支部会

皆さん、こんにちは(^^)

最近夜が涼しくなったと思っていたら、もうすぐ10月ですね。

 

さて、さる9月25日(日)に福岡市歯科医師会館にて西日本支部の支部会が行われました。

 

午前は

◯BDPG予演 吉村先生・小林先生

 韓国のスタディーグループ・BDPGの発表会が来週末韓国の国会議事堂でありますが、そこにWDCの代表として我らが吉村支部長と、当会員の小林先生(IPOIの代表として)がご発表されます! その予演会が行われました。お二人とも素晴らしいご発表なので、国内だけでなく、お隣韓国にもWDCの名前を轟かせてくださることと期待しております(^^)

◯自由症例 牧角先生・飯田先生 
 牧角先生は継承者の立場からインプラント治療についてと、歯科におけるレーザーの利用について様々な症例を掲示しながらお話し下さいました。先代のされた治療や患者さんを引き継ぎ、代々患者さんと関わっていくということの重みややりがいについて、勉強になりました。飯田先生はポーセレンラミネートベニア修復についてご提示くださいました。ラミネートベニアは適応症の見極め、診査診断、ワックスアップ模型、接着が大切であるとのこと。丁寧な処置と綺麗な症例、大変勉強になりました。

 

 

お昼休みを挟んで、午後からは

◯症例シミュレーション 椋先生
 全顎症例のご提示でした。抜歯の適応、見極め、基準が大切であること、またフラップオペのポイント、顎位の模索について林先生、吉村先生からアドバイスがありました。長期にわたる治療において、きっちりと患者さんとコミュニケーションをとられていて、症例だけでなく、そういった部分もとても勉強になりました。

◯株式会社プレミアライン諏訪様

 歯科医療安全共済会についての説明とミニセミナー
◯審美症例 宮尾先生・元先生

 お二人ともCR症例のご提示でした。勤務医で若手のお二人、なかなか症例が作りにくい状況の中、お疲れ様でした。前歯部CR症例(4級)抜けてる場合の詰め方、ストリップスのカーブのつけ方、臼歯部充填の際、解剖学的形態を意識することなどのアドバイスがありました。

◯宿題(根管治療)
 尾崎先生、野地先生、吹訳先生、柳川先生

 一本の歯をきっちり資料を採りながら、治療し、経過を追っていく。この会の原点でもある<「基本」を大切にすること>を再確させられました。私自身、久しぶりにセレック以外のプレゼンをさせていただきましたが、客観的に自分の症例をみることはつくづく勉強になるなと思いました。

 

例会終了後の懇親会は、前回と同じく、赤坂にある「麹ナチュレ」でした。

今回は、サプライズで林会長の出版お祝いも兼ねて行われました。

各支部の先生方からお寄せいただいたお祝いメッセージを、碧先生がとても可愛くまとめてくださいました!!

お写真をもとに飴細工で作られた林会長のお顔が飾られたケーキもとても素敵でした(^^)

会長もとても喜んでくださり、サプライズは大成功!!

一致団結してご協力くださった全国各地のWDCの先生方、本当に有難うございました(^^)

 

 

次回の支部会は11月です。

ではでは(^^)

 

               文責 野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

第16回経基臨塾発表会

皆さんこんにちは7月最後の週末に、下川公一先生主宰の経基臨塾の発表会が行われました。

 

土曜日はベーシックコース、アドバンスコースを受講された先生方の発表会、日曜日は出版記念講演で午前中は泥谷先生、荒木先生のご講演、午後は下川先生が「歯科医院の発展とその心技体〜失敗と成功の我が経験則〜」の特別講演を拝聴させていただきました。

 

 

 

経基臨塾の先生方の発表はとてもレベルが高く、再生療法、咬合治療、義歯治療と沢山の症例を拝見し多くのことを学ばせていただきました。

2日目の泥谷先生の素晴らしいCRのお話や、荒木先生のMI治療のご講演も1時間では足りない盛りだくさんな内容でした。

 

そして下川先生のご講演は今までの下川先生の治療の真髄を教えていただいたように思います。

治療に関してはもちろん、スタッフに対する考え方や、人生においての出会いの大切さを改めてご教授いただきました。

 

 

 

そして、西日本支部の野地先生の内覧会も同日に行われておりましたので、みんなでお邪魔してまいりました。

和モダンな素敵なクリニックでした!!!8月2日いよいよオープンです!!!

 

 

                                          西日本支部   宮澤 碧  

 


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

H28 7月支部会

皆さん、こんにちは。
梅雨明けとなりました。今年は例年より早く、暑い夏となりそうです。

7月17日、西日本支部の支部会が行われました。
9時半開始ですが、開始前からザワザワしています。

まずは症例シミュレーションを宮澤先生が発表しました。宮澤先生の提示した重度の歯周病の症例に対して、参加したすべての先生が治療計画を立て、活発にディスカッションが行われ、最後に林会長、吉村支部長からのご指導を受けました。




次に飯田先生が口腔内写真、デンタルX線写真10枚法と、昨年飯田先生が受講されたセミナーを参考とした機能性咬合を目指した全顎症例を発表しました。飯田先生は今年WDCに入会されたとても魅力的な先生です。飯田先生、これからもよろしくお願いします。




それから山本先生が前回までの症例の続きを発表しました。

そして草苅先生が、顎関節症に関する英語の文献の抄読をしました。強い意志がないとなかなか1人では英語の文献を読み続けることは難しいです。このように毎回の支部会で触れる機会があるのはありがたいことです。

 


お昼休み、林会長に吉村支部長からサプライズの花束贈呈がありました。開始前のザワザワはこのためでした。林会長に見つからないように、会場を提供してくださるヨシダさんや、購入してくる野地先生や参加者との打ち合わせどおりバッチリできました。
『Esthetics in Dentistry』(QUINTESSENCE PUBLISHING) 
という世界初の女性歯科医師による多分野を網羅した多国籍共同出版に日本代表として林美穂会長が執筆され、その出版お祝いでした。本当にWDCとして誇らしいことです。




午後からは、昨年入会された藤中先生の口腔内写真とデンタルX線写真10枚法の発表があり、藤中先生もこれらの大切さが分かったとのことです。


 

次に8月に行われるNDC(九州圏内にあるスタディーグループの若手代表者による発表会)で、当会代表として発表する予定の尾崎先生が予演を行いました。義歯で噛むことができるようになりイキイキとされた患者さんの症例、ほぼ完成です。本番頑張ってください。


そして萬代先生が、朝一に宮澤先生の発表した症例シミュレーションの形式で、前歯の補綴について発表しました。根管治療や歯周組織について、林会長からご指導がありました。

最後に私西村が、咬合再構成を行うにあたって側方ガイドの与え方について症例相談をさせて頂き、大変勉強になりました。今後も精進いたします。

 


そして、18時より懇親会。林会長おすすめの串揚げとイタリアンのオシャレで美味しいお店で行われました。近々開業予定の先生のお話あり、勉強の話あり、その他いろいろありで、大変盛り上がり支部会を終えました。充実した1日となりました。次の支部会は9月です。




ブログ係 西村


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部 H28年6月支部会

 皆さん、こんにちは。暑さが日ごとに増してまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、6月12日(日)に福岡市天神のハミングバード会議室にて21名の参加者で6月支部会が開かれました。今回は5名の先生の発表と外部講師の先生をお招きして,密度の濃い会となりました。内容は以下の通りです。

 

ー由症例

  • 小原先生
  • 西原先生

⊂瀕礇轡潺絅譟璽轡腑

  • 岩崎先生
  • 山田先生

A躄駘襲

  • 山本先生

な欷渦定に関するセミナー

  • 東島先生

 

 小原先生、岩崎先生、山田先生は咬合再構成を必要とする難易度の高い全顎的症例をご提示くださいました。特に、小原先生はサイナスリフトの適応とそのポイント、岩崎先生は重度歯周病と矯正治療、山田先生はノンクラスプデンチャーの適応と設計に関して掘り下げた内容で、大変勉強になりました。教科書的な内容を把握しておく事もさることながら、実際に経験の中から学ぶことの大切さについて再認識させられました。

 

 また、西原先生はペリオ症例とエンド症例をご提示。しっかりとした診査診断を行い、基本を大事に日々の臨床に取り組んでいる様子が伺えました。

 

 そして、山本先生の今回のご発表では、コアの作成時の注意点に話が及び、治療ステップを一つずつ丁寧に行うことが重要であると改めて勉強になりました。

 

 最後に、今回の支部会では佐賀県から東島先生をお招きして、今春の保険改定のポイントをわかりやすくご講義いただきました。

 

 懇親会は,薬院にある鳥善にて。

林会長と大学時代の同級生でいらっしゃる東島先生から,お二人の楽しい思い出話も伺え,とても楽しいひとときでした(^^)

 

 

 次回以降の支部会は,7/17(日),9/18(日),11/20(日),12/10、11(土、日)の予定です。

また、8月27、28(土、日)にはNDC(九州圏内にあるスタディーグループの若手代表による発表会)があり、当会からは尾崎洋美先生が代表でご発表されます。みなさん、ぜひ、応援に行かれてくださいね!

 

 

                                          文責

                                          西日本支部 野地


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

第13回 WDC 総会 in 福岡
皆さんこんにちは
5月28日(土)、29日(日)に第13回WDC総会が福岡アクロスで行われました。

年に1度の総会、東日本支部と関西支部の先生方が福岡に集結いたしました。


1日目は各支部の活動報告がありその後、代表の6名の先生方の会員発表が行われました。

第一部
座長は関西支部の中家麻里先生
発表は西日本支部の小林栄津子先生と東日本支部の金築真理先生が行いました。

小林先生は「水平的骨造成に挑戦した一症例」
金築先生は「咬合支持域の回復を考慮した一例」

という題で発表されました。
お二人とも会員の中では若手メンバーですが、しっかり文献やデータをまとめ、わかりやすく提示された発表でとても勉強になりました!!!とても素晴らしい発表で聞き入ってしまいました。


第二部
座長は東日本支部の天川由美子先生
発表は関西本支部の増井さやか先生と東日本支部の末木芳佳先生が行いました。

増井先生は「根管口明示の考察〜法則性と解剖学的情報を踏まえて〜」
末木先生は「インレーアンレーにおけるCEREC修復」

という題で発表されました。
増井先生の根管口明示における9つの法則、歯の解剖学的特徴はあらためて基本に忠実に治療を行う事の大切さを学ぶ事がで来ました。末木先生のセレックについてのお話は治療の新たな可能性を知る事ができました。


第三部
座長は西日本支部の吉村理恵先生
発表は関西本支部の懸樋朝子先生と西日本支部の吹譯景子先生が行いました。

懸樋先生は「小児矯正における早期治療の有効性〜顎顔面矯正治療に取り組み始めてからの思い〜」
吹譯先生は「”変わる”義歯治療〜開院1年目における基盤づくり〜」

という題で発表されました。
お二人は小児矯正と義歯治療とテーマは違いましたが、治療によって患者さんの人生が変わる事、また先生方が口腔内だけでなく、患者さんの生活にまで目を向けた治療で感動する発表でした。




6名の先生方会員発表お疲れさまでした!!!


そして夜からは THE VILLAS にて懇親会を行いました。
九州の食材を使ったコース料理を堪能しながら、各支部の紹介ムービを見たり、各支部の先生方と楽しくお話をさせていただきました。

そして…

ここからが本番の2次会のスタートです。
場所を移して、西日本支部のおもてなしをさせていただきました!!笑





勉強も遊びも何事も全力で!!!楽しい福岡の夜を満喫いただけたでしょうか???



そして2日目は黒岩恭子先生をお招きいたしました。
「食べられる口づくりを可能にする〜口腔ケア&リハビリの重要性について〜」という演題で御講演をして頂きました。

また佐賀県武雄市でご開業の山口康介先生と衛生士の久野のぞみさんにも参加して頂き講演して頂きました。




命をかけて歯科医療に携わられていらっしゃる黒岩先生のお話は本当に胸に刺さるものばかりで、口腔ケア、口腔リハビリでこんなにも患者さんの身体機能、QOLが向上するんだと驚愕するばかりでした。

超高齢社会において介護の現状と私達歯科が出来る事をもっともっと勉強していかなければなりません。
最後まで口から食べる事が出来るようにするのは私達歯科医師の使命なんだと感じました。


黒岩先生の情熱とお人柄にただただ感動するばかりでした。



そして、今回企業展示を行い総会を盛り上げてくださいました
(株)アメリカンエキスプレス
(株)フォレストワン
(株)モリタ
(株)ヨシダ
(株)ライオン歯科材
(株)茂久田商会
(株)プレミアライン
(株)松風
(株)メディカルプログレス
(株)シロナデンタルシステムズ
(株)日本メディカルテクノロジー
(株)ピカッシュ
(株)スリーエムジャパン
(株)ダイナースクラブ
(株)GC        順不同

の皆様も有難うございました。

最後に、今年4月に発生した熊本地震で被災された方へWDCより義援金を送らせていただきます。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今回の総会も実りのある素敵な総会でした、黒岩先生本当に有難うございました。
また会長の林美穂先生はじめ各支部長の先生この様な素敵な会をいつも有難うございます。
そして参加された先生方お疲れさまでした。
来年の関西での総会、そして再来年、東京で開催予定のWDC10周年の記念大会で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


西日本支部      宮澤 碧




 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部 H28  3月 支部会
こんにちは
3月なのに寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

3月6日、日曜日に福岡 ヨシダ営業所6階にて支部会が行われました!!


5月の総会前の最後の支部会ということで皆さん気合が入って参加されていました。

まずは、牧角先生が「後継者としてのインプラント治療」
    山本先生が、全顎治療に取り組まれている症例を発表されました。



自由発表では井上先生が「歯周外科治療への取り組み」ということで、歯周外科治療のスキルアップの為に井上先生が努力されたことや受講されたコースの前後で変わったことなど井上先生の真摯な姿勢が伝わる発表でした。

また、会員の先生方のコメントで「なぜそのような症状が起きたのか!?」という原因を考えて日々診療に取り組まなければと改めて感じました。


口腔内写真、デンタル10枚法の発表を小原先生がされて、この日の為にパソコンを買い直したという先生!!素晴らしかったです。

午後は症例シュミレーションで草刈先生、症例相談で萬代先生が発表されました。





色んな先生の治療方針の考え方、自分だったらどうするのか・・・?を考えながら熱いディスカッションが繰り広げられました。


英語抄読は高森先生が今回は担当されました。
その、高森先生ですがなんと審美歯科協会の入会審査に見事合格されました!!!!!

入会審査時の症例を見せていただきましたがとても綺麗な症例で素晴らしかったです。
いつも会長の美穂先生や、支部長の吉村先生にご指導いただいている、規格性のある資料取り、基本に忠実な診療がいかに大切であるか再確認いたしました。





私たちもいつの日か入会できるよう頑張ります!!!!


そして懇親会は「ダ・フチガミ」にてオシャレなイタリアンをいただきました!!!




総会前の支部会ということで、いろいろとネタを仕込んだところですが・・・
それをお話ししてしまうとお楽しみがなくなってしまうので(笑)
5月福岡でお待ちしております!!!!



                           西日本支部    宮澤 碧

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部H28年1月例会
みなさん,寒中見お舞い申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)
 
さて、去る1月10日(日),株式会社ヨシダセミナー室にて西日本支部1月例会が開かれました。
 
午前中は,
<総会予演> 小林先生,山本先生,吹譯先生
<英語抄読> 萩原先生
<症例シミュレーション> 新郷先生
 
お昼休みを挟み,午後は
<個人発表> 野地「CAD/CAMと新素材は低侵襲となり得るか?」
<ミニセミナー> 柴原先生「健康になるための秘訣・コミュニケーションのコツ」
<宿題(口腔内写真・デンタル10枚法)> 西原先生,元先生
 
昨年同様,年明け初めの例会にふさわしく,とても密度の濃い勉強会となりました。簡単に当日の様子をレポートさせていただきます!
 
まずは
<WDC総会予演>
 毎年春に3支部合同で開催される私たちの総会ですが,今年は5月28,29日にここ福岡で開催されます! 西日本支部でも数か月前から発表候補の先生方による入念な準備がなされています。発表にあたってのプレッシャーは大変なものと思いますが,努力は必ず報われるはず! 引き続き応援したいと思います(^^)
 
<英語抄読,萩原先生>
 前回に続き,当会員の松下先生が監訳されたBuser先生の著書「インプラント歯科における骨再生誘導の20年」,その第9章です。丁寧な和訳をされていた萩原先生,素晴らしいですね(^^) ほぼ2年がかりで読み進めてきた本ですが,いよいよ今回で完了です(TT)
 次回からは英語論文抄読となります。松下先生に加え,英語がご達者でいらっしゃる,昨年入会の小原先生,元先生! 頼りにしておりますのでよろしくお願いいたします(^^)
 
<症例シミュレーション,新郷先生>
 ご提示いただいたのは「顎機能障害を有する欠損歯列症例」です。顎機能障害への対応と咬合の回復,再構成が必要となる難症例でしたが,どのような症例であっても,診査・診断をしっかりと行い,基本的な考え方にのっとり,シンプルに物事をとらえることが大切であるとのアドバイスを,林会長,吉村支部長からいただきました。また,咬合再構成の手法に関しては,ザ・クインテッセンスの1月号で咬合再構成を伴う素晴らしい全顎症例を掲載されていた西村先生からもご助言を頂戴しました。新郷先生,とても勉強になる症例をありがとうございました(^^)
 
<自由発表,野地>
 低侵襲の観点からCAD/CAMと新素材の応用に関する考察を発表させていただきました。実は,私,大変な機械音痴。その私がセレック治療とは・・・(——;)と,かつて頭を抱えたこともありました。ですが,苦手だからこそ,そして,逃げられないと腹をくくって取り組んだからこそ,わかること,見えてくるものがあるのかも知れない,と今はちょっとだけ思うようになりました。今ではすっかりセレックラブ♥ですが,もっともっとCAD/CAMとの絆を深めていきたいです。
 
<ミニセミナー,柴原先生>
 以前にも,ブログでご紹介させていただきましたが,柴原先生は,現在,歯科医師兼ライフセラピストとしてセミナーや講演会で活躍中です。今回は会員向けに「健康になるための秘訣・コミュニケーションのコツ」についてわかりやすく,かつ笑い満載のセミナーを行っていただきました。
美と健康を語るにふさわしい、女性らしいしなやかな外見とは裏腹に,中身が男前(おやじ)すぎる柴原先生。そのギャップが彼女の魅力なのでしょう。大御所のS先生やG先生も彼女のファンと公言されているとか、いないとか・・・
 
 <宿題(口腔内写真・デンタル10枚法),西原先生,元先生>
 「全ての基本は正しい資料採取に始まる」。この考えのもと、当支部では新入会員に口腔内写真とデンタル10枚法の宿題が課されます。西原先生,元先生ともに2症例ずつの提出でしたが,宿題に真剣に取り組んだことのわかる規格性のある綺麗な資料でした(^^)



 
 
夜は天神の福新楼にて懇親会でした。
しっかり勉強した後は,やはりしっかり遊ぶ(>▽<)!
美味しい中華料理と紹興酒でエネルギーをチャージ。また笑顔で良い気を回していきたいと思います(^^)
 
最後に、今年もWDCは基本理念である
患者様を第一に考え、技術の研鑽を積むスタディ・グループであること。そして、会員一人一人が思いやりの心をもち、"利己ではなく利他の精神"でこの会に関わっていき、社会に貢献できる会であること」
を大事に,1cmずつ?1歩ずつ?自分の歩幅で前進していきます。みなさま,どうぞよろしくお願いします(^^)



 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

9月支部会

皆さん、こんにちは(^^)

最近夜が涼しくなったと思っていたら、もうすぐ10月ですね。

秋の気配がもうそこまで来ていますね。

 

さて、さる9月25日(日)に福岡市歯科医師会館にて西日本支部の支部会が行われました。

 

午前は

◯BDPG予演 吉村先生・小林先生

 韓国のスタディーグループ・BDPGの発表会が来週末韓国の国会議事堂でありますが、そこにWDCの代表として我らが吉村支部長と、当会員の小林先生(IPOIの代表として)がご発表されます! その予演会が行われました。お二人とも素晴らしいご発表なので、国内だけでなく、お隣韓国にもWDCの名前を轟かせてくださることと期待しております(^^)

◯自由症例 牧角先生・飯田先生 
 牧角先生は継承者の立場からインプラント治療についてと、歯科におけるレーザーの利用について様々な症例を掲示しながらお話し下さいました。先代のされた治療や患者さんを引き継ぎ、代々患者さんと関わっていくということの重みややりがいについて、勉強になりました。飯田先生はポーセレンラミネートベニア修復についてご提示くださいました。ラミネートベニアは適応症の見極め、診査診断、ワックスアップ模型、接着が大切であるとのこと。丁寧な処置と綺麗な症例、大変勉強になりました。

 

 

お昼休みを挟んで、午後からは

◯症例シミュレーション 椋先生
 全顎症例のご提示でした。抜歯の適応、見極め、基準が大切であること、またフラップオペのポイント、顎位の模索について林先生、吉村先生からアドバイスがありました。長期にわたる治療において、きっちりと患者さんとコミュニケーションをとられていて、症例だけでなく、そういった部分もとても勉強になりました。

◯株式会社プレミアライン諏訪様

 歯科医療安全共済会についての説明とミニセミナー
◯審美症例 宮尾先生・元先生

 お二人ともCR症例のご提示でした。勤務医で若手のお二人、なかなか症例が作りにくい状況の中、お疲れ様でした。前歯部CR症例(4級)抜けてる場合の詰め方、ストリップスのカーブのつけ方、臼歯部充填の際、解剖学的形態を意識することなどのアドバイスがありました。

◯宿題(根管治療)
 尾崎先生、野地先生、吹訳先生、柳川先生

 一本の歯をきっちり資料を採りながら、治療し、経過を追っていく。この会の原点でもある<「基本」を大切にすること>を再確させられました。私自身、久しぶりにセレック以外のプレゼンをさせていただきましたが、客観的に自分の症例をみることはつくづく勉強になるなと思いました。

 

例会終了後の懇親会は、前回と同じく、赤坂にある「麹ナチュレ」でした。

今回は、サプライズで林会長の出版お祝いも兼ねて行われました。

各支部の先生方からお寄せいただいたお祝いメッセージを、碧先生がとても可愛くまとめてくださいました!!

お写真をもとに飴細工で作られた林会長のお顔が飾られたケーキもとても素敵でした(^^)

会長もとても喜んでくださり、サプライズは大成功!!

一致団結してご協力くださった全国各地のWDCの先生方、本当に有難うございました(^^)

 

 

次回の支部会は11月です。

ではでは(^^)

 

               文責 野地


 


| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部 10月例会
みなさん、こんにちは!

秋晴れの心地よい季節となりましたね(^^)
収穫の秋を迎えて、美味しいものをついつい食べすぎてしまい、悩ましい限りです(^^;)

さて、先の日曜日、10月4日、福岡県歯科医師会館にて西日本支部10月例会が開かれました。

午前中は、
<総会予演>
・小林先生、山本先生
<矯正についてのご講演>
・吉村先生(支部長)

お昼休みを挟んで、午後は
<症例シミュレーション>
・椋先生先生
・野地

<英語抄読>
・山田先生

<自由症例>
・西村先生
・藤中先生

<宿題(エンド症例)>
・井口先生

<症例相談>
・萩原先生

今回も盛りだくさんの内容でとても勉強になる一日でした!

総会予演の小林先生、山本先生、着々と5月の総会に向けて進行中。
大変だとは思いますが、引き続き頑張ってください(><)!

次に、前回の柳川先生に続けて、今回は吉村先生より矯正のご講義がありました。
矯正ができる、できないで、診療の幅が大きく変わってしまうという事実を
ひしひしと感じました。特に、吉村先生は矯正のスペシャリストでありながら
外科も補綴もペリオもお一人でこなされるオールマイティーなスーパードクター!
お一人で患者さんを丸ごと診ることができるからこそ、見えるものがあるのでは
ないかといつも思います。本当に勉強になりました!

椋先生の症例シミュレーション、資料の美しさがさすがです。
そして、重度のペリオの患者さんの治療として、どこまで介入するか、
ご自分の力量と患者さんの希望などを全て加味しながら治療方針を決定していくわけですが、
医学的に理想的な治療がその患者さんにとってのベストな治療とも限らないわけで。。。
でも、求められたときに応えられる技量を持ち合わせていたいものだと思いました。
つくづく臨床は奥が深いですね。

私、野地は前歯部の症例を。
どうしても歯科は独りよがりになりがちですが、こういったスタディーグループに
所属し、先輩や仲間からご意見やアドバイスをいただくことで、
客観的に自分の症例を振り返ることができるのが本当にありがたいなあと思います。

英語抄読、山田先生。
引き続き、当会員の松下先生が監訳されたBuser先生の著書
「インプラント歯科における骨再生誘導の20年」、その第8章。
いよいよ大詰めですが、内容はもちろんのこと、
山田先生の英語に取り組む前向きな姿勢に、一番感銘を受けました。
引き続き、山田先生の英語力と物事を継続する力に期待させていただきたいと思います。

自由症例、西村先生は症例もさすが!影ボスの貫禄です。
顎機能を考慮した素晴らしい全顎的症例で、会長の林先生から絶賛されていました。
新しいことに果敢に取り組まれ、それを着実にご自分のものにされて、
グングン臨床のレベルを上げておられるお姿にとても感銘を受けました。
理屈や言い訳でなく、行動や結果、背中で私たち後輩にいろんなことをお示しくださる
西村先生からは、また今回も大きなことを教えていただいたように思います。



自由症例、藤中先生は摂食・嚥下のお話でした。
大事なことだとわかっていても、あまり勉強する機会が無かったのですが、
今回、藤中先生のご講義を聞かせていただいて、とても勉強になりました。
どんなに綺麗な義歯を作っても、飲み込むことができなければ確かに意味が無いことで。
改めて、私たちは食べるということについて深く考える必要があると思わされました。

エンド症例、井口先生。
一本の歯をきっちり治すことができる歯医者を目指す、まさにエンド症例はその登竜門なわけで。
綺麗な根治症例の数々に、井口先生が着々と誠実に診療に取り組まれている姿勢が伺え、刺激を受けました。

症例相談、萩原先生。
どんな相談にも、林会長、吉村支部長はじめ、得意分野の違う先輩方から様々なアドバイスがいただけるので
本当にありがたい時間だと思います。


夜は、赤坂のベネチア食堂にて懇親会でした。
林会長おすすめのイタリアンですが、とにかくバーニャカウダーが絶品!
先輩の先生方から、仕事と家庭のバランスの話など、女性歯科医師ならではの
お話をいろいろ聞かせていただき、こちらも勉強になりました。



今年の支部会は今回で終了です。次回の支部会は来年1月です。
今年は、大学を出て間もないフレッシュな先生から、キャリアの長い先生まで
たくさんの新入会の先生の方をお迎えしました。
利他の心を持った熱い仲間と切磋琢磨し合いながら、
自分のペースで、それぞれのつきあい方ができるのが、WDCの良さだとも思います。
少し早いですが、来年もよろしくお願いいたします(^^)


西日本支部 野地

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

第4回NDC発表会
お盆が過ぎて、台風が過ぎ去り、涼しくなってまいりました。
空を見上げても、夏の空ではなく秋の空になってきたなぁ…と、あっという間に夏が過ぎ去り秋の訪れを感じます。

さてさて、先週末は福岡で第4回目のNDC発表会が行われ、WDC代表として柴原由美子先生が御発表されました!!!

まず…NDCとは?と思われているかと思いますが
NDCとはNew dawn Dentist Conference ということで様々なスタディーグループの若手が他のスタディーグループと交流を持ち、発表することで皆んなで成長し歯科界を盛り上げていきましょう!!!という発表会です。

毎年WDCも参加しており、スタディーグループの垣根を越えて多くのことを学ぶことができる会でございます。

土曜日には懇親会が行われWDC会長の林美穂先生、支部長の吉村理恵先生はじめWDC西日本支部の会員で参加させていただきました。





日曜日の発表会では先ほどお伝えしたようにWDCからは柴原由美子先生が『下顎第二大臼歯の保存にどう取り組むか〜歯科医師10年目いま思うこと〜』を御発表されました!!!



先日の野地先生のブログでの紹介もあったように柴原先生は本当に素晴らしい先生でWDCのエースです!!!
あんなに美しいデンタルと歯内治療はいつ見ても感動します!!!

緊張してると仰られた柴原先生ですが、発表前のこの素敵な笑顔❤️
緊張を感じさせず、発表も素晴らしかったです!!!!

発表にあたりご準備大変だったと思いますが、柴原先生お疲れ様でした!!とっても勉強になりました!!!


他のスタディーグループの先生の御発表も素晴らしく有意義な1日でした!!!

最後はSJCDの北園先生の矯正の講演をお聞きして新たな学びがたくさんある一日でした!!!


 



西日本支部     宮澤 碧
 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部 8月例会
みなさん、こんにちは!

夏真っ盛りですね。みなさんは今年、花火大会に行きましたか?
夜空を彩る光の美しさはもちろんですが、空を裂くような迫力満点の音もたまりません。
目で見て、耳でも楽しむ花火は夏の夜の醍醐味だと思います(^^)

さて、先の日曜日、8月9日、福岡県歯科医師会館にて西日本支部8月例会が開かれました。

午前中は、
<自由症例>
・柳川先生「MTMを用いてシザーズバイトを改善した症例」「顎関節症を伴う全顎矯正症例」
・大谷先生「酸蝕症による審美障害の症例」

<総会予演>
・山本先生・・・ペリオ系

・牧角先生・・・義歯系
・小林先生・・・インプラント系

お昼休みを挟んで、午後は
<症例相談>
・橋本先生

<宿題(エンド症例)>
・宮尾先生
・宮澤先生

<NDC予演>
・柴原先生「下顎第二大臼歯の保存にどう取り組むか」


さらに、<最新のエンド治療>に関して
・林会長「難治性感染根管治療を再考する」

最後に、
<症例シミュレーション>
・高森先生
・吹譯先生

盛りだくさんの内容でとても勉強になる一日でした!

中でも、柳川先生は昨年夏、WDCで開かれた「MTM講習会(実習付き)」で、
先生がご講義&実習してくださったインプラントアンカーを用いた症例を
我々会員のためにわざわざご用意くださったり、
林会長もマイクロを用いたご自身のエンド症例を詳しい解説でご講義くださったり、
柴原先生も昨年のヒョーロンに掲載されたご自身の症例を丁寧に解説くださったり・・・
よそでは味わえないスペシャルなひとときでした!
WDC入ってて良かった〜(T▽T)vv

大谷先生の重度酸蝕症によって審美障害を来している症例はとても難しそうでしたが、
さすがです! 治療計画はもとより、その原因を診断することの大切さ、勉強になりました(^^)
歯医者として歯を扱うものの、その患者さんの生活背景などにまで思いを巡らす・・・
これからの時代はそういうことがもっと重要になってくるかも知れないですね。

症例相談の橋本先生、エンド症例の宮尾先生、宮澤先生の20代若手トリオは
それぞれの勤務形態や設備などの制限もある中、自分にできる精一杯を持ってこられて、
その頑張る姿にとても好感が持てました。
今のうちから鍛えられたら、先が楽しみだと思います(^^)

総会予演の山本先生、牧角先生、小林先生は皆さん三者三様のジャンルで、聞き応えのあるご発表。
来年5月のWDC総会に向けて引き続き予演が続きますが、みなさん頑張ってください!

症例シミュレーションの高森先生、吹譯先生はともに全顎症例の提示。
総合力が問われる症例といっても基本の上に成り立つのだなと改めて思いました。
また、吹譯先生のプレゼンを拝聴し、ご開業後ご自身の歯科医院で
チーム一丸となって患者さんに臨んでおられるお姿に胸が熱くなりました。


夜は、薬院の鳥善にて懇親会でした。今回は吉村支部長のお誕生会をかねてでしたが、
私たちのいたずらに嫌がりもせずお付き合いしてくださる寛大な支部長には
いつも感謝感謝です。ほんとにすてきな大先輩ですvv


これからも、偉大な林会長、吉村支部長のもと、
仲間とともによく学び、よく遊び!でいきたいと思います(^^)

さて、来週はいよいよNDC。WDCからは柴原先生が代表でご発表されます。
常に、聴く側のためになるよう心を砕いて200%のプレゼンをされる先生なので、
きっとこの夏一番の感動を与えてくれることと期待しています(^^)


それでは、いつものように暑苦しく、長い文章になりましたが、このへんで。。。

みなさま、ご自愛くださいね(^^)


西日本支部 野地

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

経基臨塾発表会 2015
皆様こんにちは!!暑い日が続いておりますが如何お過ごしでしょうか?

そんな暑い週末、福岡では熱い熱い臨床の心を持った先生方の集まり経基臨塾の発表会が開催されました。


WDC会長の林美穂先生も会員発表をされました!!!
『難治性感染根管治療を再考する』ということで、マイクロを使った素晴らしい症例を見せていただきました。





本当に素晴らしい御発表でしっかり勉強させていただきました。
下川先生からのコメントも『林先生は既に俺の上をいっとりますよ』と言う素晴らしいものでした!!!!



林先生は勿論、他の経基臨の会員の先生方の御発表はどれも素晴らしく感動いたしました。






下川先生のコメントはいつも目からウロコ!!
自分の臨床を反省いたしました。。。

一つ一つを丁寧に、全体を見渡す目と細やかなところに気づく目、そして診断力磨きたいと感じました。

少しでも神の手下川先生に近づけるよう頑張りたいと思います!!!!




                       西日本支部       宮澤 碧

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

日本顎咬合学会 第33回学術大会 東京国際フォーラム
皆さんこんにちは!!
梅雨が明けずジメジメした日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

先週末、6月27日、28日の二日間で日本学咬合学会の学術大会が行われました。
西日本支部からも多くの先生が発表されましたのでご報告いたします。

27日 土曜日
西村先生が『咬合再構成を行った一症例』をポスター発表されました。

素晴らしい全顎治療の症例でした!!


そしてテーブルクリニックでは我らが会長林美穂先生のご講演がありました。

『Win-Win-Winの職場づくりを目指して』ということで歯科医としての理念や医院経営、またスタッフ教育や患者さんへの対応など内容盛りだくさんでとても面白いお話でした!!

女性ならではの視点と細やかな、気配り、目配り、心配り!!!本当に勉強になりました。
大盛況で立ち見で講演を聞いている方が大勢でした!!!

夜は下川先生とご一緒させていただき林先生と吉村先生に楽しい夕食会を開いていただきました!!!


28日 日曜日
柳川先生が「矯正治療後の口腔周囲の環境変化に関する考察」を口演発表されました。
矯正患者さんの舌骨の位置を測定するという大変興味深い内容で、とても勉強になりました。
緊張しないという柳川先生!!さすが落ち着いた御発表でした。


岩崎先生は「歯の保存と審美の両立に取り組んだ一症例」をポスター発表されました。
すごくきれいな治療で発表されている先生の姿がかっこよすぎて憧れてしまいます!!


そして尾崎先生と私、宮澤は河原英雄先生の「噛める総義歯を作ろう」ということで河原先生がライブオペされている間に症例発表をさせていただきました!!
尾崎先生が「患者さんと共に歩む義歯治療」


宮澤が「超高齢社会を迎えて〜生きる力をひき出す義歯〜」を発表してまいりました。



いつも先生方がおっしゃられることですが、「発表した人が一番勉強になる!!」を痛感してまいりました。

そして多くの先生の頑張られている姿に感銘を受けて、明日からまた頑張ろうとモチベーションアップにつながりました!!

それにしてもWDCの先生方はパワフルでした!!!皆様お疲れ様でした!!!


                                西日本支部  宮澤 碧

 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部支部会 6月特別講演会
みなさん,こんにちは。梅雨入りして,蒸し暑い日が続いていますね。
 
さて,6月21日(日),ヨシダ福岡支店研修室にてWDC西日本支部支部会が開催されました。
今回は,特別講演会として日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座の小出勝義先生を講師にお招きし,
「顎口腔系の診断と治療」と題してご講演いただきました。




勝義先生といえば,5月のWDC総会でご講演いただいた小出馨先生のご子息でいらっしゃいますが,
我々WDC会員の大多数よりお若いにもかかわらず(!),学会誌ならびに商業誌に多数の論文執筆や
連載を抱え,セミナーや講演会にも引っ張りだこの,補綴治療のエキスパート! 

本講演会では,顎口腔系の診断と治療を行う上で絶対に押さえておかなければならない,
顎関節の解剖・形態・機能,顎関節・筋の診査診断,ディコンプレッション・ディプログラミング,
エングラム,スプリントの製作・調整,効果的なマニピュレーション,咬合と姿勢の関係などなど,
盛りだくさんの内容に関してかなり細かい部分までご教授いただきました.

難しい内容の話をわかりやすく話されると評判の勝義先生ですが,
それはご自身の豊富な臨床例や研究データに裏付けられた説得力のあるお話であることに加え,
どうしたら聞く側にわかりやすく,かつ少しでも頭に残るだろうかと心を砕いて,
様々な工夫をしてくださっているからだ,と改めて思いました.
今回も豊富なアニメーションを用いて視覚的にわかりやすくしていただいたり,
さらには急なお願いであるにもかかわらず,会員の理解のためになるのなら,
と快くデモンストレーションまでお引き受けいただいたり・・・
そのお心遣いに脱帽いたしました.




歯科治療の目的である<顎口腔系の残存組織の保全と機能回復率の向上>を,基本をきっちりと押さえた上で
的確に行うことにより,患者さんお一人お一人の生活の質や人生の満足度に大きく貢献する・・・
歯科治療の重要性,可能性,そして楽しさに改めて気づかせていただいた非常に意義深い一日となりました.

ミクロン単位で調整する精密な世界の向こうに,患者さんの笑顔を思い浮かべながら,
明日からの臨床にさっそく生かしていきたいと思います.
勝義先生,本当にありがとうございました!





なお,前日の夜には,勝義先生を囲んでの楽しい懇親会が開かれました。会場は、博多赤坂にある割烹K。
別名「林美穂会長の台所」とも言われているとかいないとか・・・ 
昼とはまた違う楽しいお話が聞けるのも,懇親会ならではの醍醐味ですね(^^)


  

                                西日本支部 野地 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

WDC 西日本支部会 2015年2月8日 
皆様、こんにちはハート
寒い日が続いておりますがWDC西日本支部は寒さに負けず元気に支部会を開催しました!!

2月8日に株式会社ヨシダさんの4階会議室をお借りして支部会を行いました。
今回は、午前中は通常どうりの支部会、午後は北九州で御開業されておりますU先生をお招きして特別講演をしていただきました。





























まずはM先生の英語抄読。
次にM先生の最近の歯科トピックについてのお話を聞かせていただいて、その後5月の総会予演でY先生の発表となりました。


そして、会長林先生にスプリントの作り方を御教授頂きました。

今年の西日本支部のテーマは『咬合』に決まり、西日本支部一同まずは早速スプリント作りに励みたいと思います!!!!
















そして、午後からはU先生が『包括的歯科臨床の実際〜機能的で審美的な咬合再構成をもとめて〜』というお題で講演してくださいました。


沢山の素晴らしい症例をわかりやすくお話しくださいました。
U先生はお話しが面白くて楽しく勉強させていただきましたニコッonpu03onpu03

欠損補綴にたいするインプラントの利点欠点、様々な咬合学の考え方、パラファンクションによって生じる咬合崩壊の難しさ…
本当に面白いお話であっという間の3時間でした!!!

U先生本当にありがとうございました!!!!!



ちなみに!!!2月28日、3月1日にアクロス福岡にて『日本審美協会30周年記念大会』が開催されます!!今回お越しいただいたU先生をはじめ、会長の林先生、西日本支部長の吉村先生など多くの先生がご講演されます。
是非是非皆さん参加されてください

最後に勉強をした後の懇親会もとっても盛り上がったようですビール矢印矢印


                    四葉のクローバー四葉のクローバー 西日本支部  宮澤 碧 四葉のクローバー四葉のクローバー

 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

G先生還暦パーティーでの余興
みなさん、こんにちは!
WDC西日本支部では2ヶ月に1度の支部会の他にも会員同士の交流が盛んです。

先週末は林美穂会長のお師匠でいらっしゃるG先生の還暦パーティーがあり、
WDCからも有志メンバーが十数名会場に駆けつけ、余興の劇を披露させていただきました。

構想1ヶ月、練習数週間(家での自主練とイメージトレーニング含む!?)
・・・といっても西日本各地に散らばるメンバーがみんなで集まって通し練習できたのは
正月休み前とパーティー前夜2回のみ(^^;)!
中には、インフルエンザにかかった方の代役として、急遽白羽の矢が立った方や、
前日にご自分に役があるという知らせを聞いた方も・・・(^^;)
でも、一度やると決めたら全力投球、遊びも仕事もその時の自分にできるベストを尽くす!
私たちWDC西日本にはそんな熱いハートを持ったメンバーがたくさん集っています。

さて、余興劇ですが・・・銀座の一流クラブ「Women Dangerous Club」に、大御所の先生がたや
昨年ワイドショーを賑わせた話題の人たちが次々現れ、すったもんだを繰り広げるドタバタコメディーでした。
「抱腹絶倒」とはまさにこのこと! 開演中会場は大盛り上がりで、G先生はもちろんのこと、
物マネをされた大御所の先生がたも始終大笑いされていました。



相手の喜ぶ顔が見たい・・・
そんなWDCの先生方の思いと団結力が今回の伝説劇を生んだのではないかと思います。
ご協力いただいた先生方、本当にお疲れ様でした。


                              西日本支部
                              野地美代子
 










 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

WDC 西日本支部会 2015年1月12日 
皆様、明けましておめでとうございます。
本年もWDC西日本支部は2ヶ月に1度の支部会活動を頑張ってまいりますのでよろしくお願い致しますきらきら
今年からこのようにブログ形式で活動報告させて頂きますのでよろしくお願い致します。

さて、1月12日に株式会社ヨシダさんの6階会議室にて2015年1回目の支部会を行いました。
今回は、WDC創設のきっかけとなりました、北九州で御開業されておりますS先生を特別にお招きして支部会を行いました。

午前中は会員がそれぞれ義歯やエンド症例を持ち寄り症例相談や症例シュミレーションを行いディスカッションを行いました。
午後は5月に行われる総会に向けてK先生の予演発表や昨年NDCでWDC代表としてCAD/CAMについて発表されたN先生の発表を聞かせていただきました。



そして会長である林美穂先生や支部長の吉村理恵先生から多くのアドバイスを頂きとても有意義な勉強会となりましたきらきら


S先生がいらっしゃるということで会員一同緊張してスタートした支部会ですが、S先生からも多くの事を御教授頂き、本当に勉強になりました!!!!

私たちの素朴な疑問にも優しく丁寧に答えていただき一同感激でしたキラキラ
今年もみんなで楽しく勉強して臨床のレベルアップを目指していきたいと思います。


最後に結婚記念日だというのに私たちの支部会に来てくださったS先生、本当にありがとうございました。
 
            花花西日本支部    宮澤 碧花花

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

西日本支部ブログスタートします!
Women Dentists Club西日本支部の活動報告を

来年2015年より掲載していく予定です。

主に西日本支部としての勉強会の活動報告やスケジュールなどを掲載していく予定です。

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

新着情報

カテゴリー