WDC女性歯科医師の会【西日本支部】

WDC女性歯科医師の会【西日本支部】の活動内容をお知らせします。
WDC事務局からのお知らせ

What's New

西日本支部H28年1月例会
みなさん,寒中見お舞い申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)
 
さて、去る1月10日(日),株式会社ヨシダセミナー室にて西日本支部1月例会が開かれました。
 
午前中は,
<総会予演> 小林先生,山本先生,吹譯先生
<英語抄読> 萩原先生
<症例シミュレーション> 新郷先生
 
お昼休みを挟み,午後は
<個人発表> 野地「CAD/CAMと新素材は低侵襲となり得るか?」
<ミニセミナー> 柴原先生「健康になるための秘訣・コミュニケーションのコツ」
<宿題(口腔内写真・デンタル10枚法)> 西原先生,元先生
 
昨年同様,年明け初めの例会にふさわしく,とても密度の濃い勉強会となりました。簡単に当日の様子をレポートさせていただきます!
 
まずは
<WDC総会予演>
 毎年春に3支部合同で開催される私たちの総会ですが,今年は5月28,29日にここ福岡で開催されます! 西日本支部でも数か月前から発表候補の先生方による入念な準備がなされています。発表にあたってのプレッシャーは大変なものと思いますが,努力は必ず報われるはず! 引き続き応援したいと思います(^^)
 
<英語抄読,萩原先生>
 前回に続き,当会員の松下先生が監訳されたBuser先生の著書「インプラント歯科における骨再生誘導の20年」,その第9章です。丁寧な和訳をされていた萩原先生,素晴らしいですね(^^) ほぼ2年がかりで読み進めてきた本ですが,いよいよ今回で完了です(TT)
 次回からは英語論文抄読となります。松下先生に加え,英語がご達者でいらっしゃる,昨年入会の小原先生,元先生! 頼りにしておりますのでよろしくお願いいたします(^^)
 
<症例シミュレーション,新郷先生>
 ご提示いただいたのは「顎機能障害を有する欠損歯列症例」です。顎機能障害への対応と咬合の回復,再構成が必要となる難症例でしたが,どのような症例であっても,診査・診断をしっかりと行い,基本的な考え方にのっとり,シンプルに物事をとらえることが大切であるとのアドバイスを,林会長,吉村支部長からいただきました。また,咬合再構成の手法に関しては,ザ・クインテッセンスの1月号で咬合再構成を伴う素晴らしい全顎症例を掲載されていた西村先生からもご助言を頂戴しました。新郷先生,とても勉強になる症例をありがとうございました(^^)
 
<自由発表,野地>
 低侵襲の観点からCAD/CAMと新素材の応用に関する考察を発表させていただきました。実は,私,大変な機械音痴。その私がセレック治療とは・・・(——;)と,かつて頭を抱えたこともありました。ですが,苦手だからこそ,そして,逃げられないと腹をくくって取り組んだからこそ,わかること,見えてくるものがあるのかも知れない,と今はちょっとだけ思うようになりました。今ではすっかりセレックラブ♥ですが,もっともっとCAD/CAMとの絆を深めていきたいです。
 
<ミニセミナー,柴原先生>
 以前にも,ブログでご紹介させていただきましたが,柴原先生は,現在,歯科医師兼ライフセラピストとしてセミナーや講演会で活躍中です。今回は会員向けに「健康になるための秘訣・コミュニケーションのコツ」についてわかりやすく,かつ笑い満載のセミナーを行っていただきました。
美と健康を語るにふさわしい、女性らしいしなやかな外見とは裏腹に,中身が男前(おやじ)すぎる柴原先生。そのギャップが彼女の魅力なのでしょう。大御所のS先生やG先生も彼女のファンと公言されているとか、いないとか・・・
 
 <宿題(口腔内写真・デンタル10枚法),西原先生,元先生>
 「全ての基本は正しい資料採取に始まる」。この考えのもと、当支部では新入会員に口腔内写真とデンタル10枚法の宿題が課されます。西原先生,元先生ともに2症例ずつの提出でしたが,宿題に真剣に取り組んだことのわかる規格性のある綺麗な資料でした(^^)



 
 
夜は天神の福新楼にて懇親会でした。
しっかり勉強した後は,やはりしっかり遊ぶ(>▽<)!
美味しい中華料理と紹興酒でエネルギーをチャージ。また笑顔で良い気を回していきたいと思います(^^)
 
最後に、今年もWDCは基本理念である
患者様を第一に考え、技術の研鑽を積むスタディ・グループであること。そして、会員一人一人が思いやりの心をもち、"利己ではなく利他の精神"でこの会に関わっていき、社会に貢献できる会であること」
を大事に,1cmずつ?1歩ずつ?自分の歩幅で前進していきます。みなさま,どうぞよろしくお願いします(^^)



 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
<< ザ・クインテッセンス1月号   西日本支部 H28  3月 支部会 >>

新着情報

カテゴリー