WDC女性歯科医師の会【西日本支部】

WDC女性歯科医師の会【西日本支部】の活動内容をお知らせします。
WDC事務局からのお知らせ

What's New

第8回 N.D.C.発表会

 お盆休みも終わり、毎日暑い日が続いてますね。

 皆さん、夏バテなどしていませんか?

 

 さて、先日8/18(日)、福岡市八重洲博多ビル11Fにて、第8回N.D.C.発表会が行われました。

 

 N.D.C.(New Dawn Dentist Conferenceの略)は、今から8年前、

 

「各スタディグループの垣根を超え、交流を図るとともに、若手に発表に場を」

 

 という趣旨のもと始まり、九州圏内の各スタディグループから代表者1名を選出して行われる、若手の登竜門的発表会です。

 

 と言っても、最近では若手というよりベテラン級の先生方も数多くご発表されており、当会でもスーパーエース・西村和美先生がご登壇されました!

 

 

「有床義歯と天然歯との良好な対咬関係のために」

 

 との題目で、パーシャルデンチャーを用いて咬合再構成を行なった欠損補綴症例をご発表されました。

 

 基調講演でお越しいただいた、日本歯科大学新潟校の小出馨教授から、「的確な診断と治療」と大絶賛された西村先生。さすがです(>▽<)!!

 

 西村先生はここ数年、国際学会を含むあちこちの学会でご発表されたり、専門誌への論文投稿も数多くあったりと、押しも押されもせぬ大活躍をされていますが、それだけでなく、その責任感の強さ、面倒見の良さから、人望も厚く、頼れる当支部の長女的存在でいらっしゃいます(^^)

 

 これからも、私たち後輩を導いてくださいね!

 

 西村先生、本当にお疲れ様でした(^^)

 

 

 西日本支部 ブログ係 野地

 


| セミナー・講演会・発表 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   
>>
柴原先生・下釜さん出版記念講演会

 去る8月4日(日)、福岡市歯科医師会館にて、当会会員の柴原由美子先生と林会長の医院スタッフ・下釜祐子さんの出版記念講演会が行われました。会場は200人を超える参加者で超満員!

 

 

 

 午前は下釜さんが、著書『歯科医院の受付は 賢く・優しく・美しく 患者様を迎えるあなたへ』の内容をご講演されました。

 

 

 歯科・林美穂医院を21年間、開院当初から支え続けている下釜さん。謙虚さの中にも滲む自信は、経験と継続、日々の努力の積み重ねがもたらすものだと思いました。同じく歯科医院で働く人間として、下釜さんの持つホスピタリティとプロフェッショナルな技の数々、大変勉強になりました(^^)

 

 

 午後は柴原先生が、著書『心をつなぐコミュニケーション』に関して、ご講演されました。

 

 

 たった一人、ライフセラピストとしてスタートを切って4年。

 今回は、その一つの節目とも言える講演会だったと思うのですが、魂のこもった先生の講演に、会場はすっかり圧倒されました。

 

「人間まるごと健康に!」

「歯科だからこそできることを提案したい!」

 

 そんな強い想いと信念で走り続けてきた柴原先生のライフワークは、年々波紋のように日本中に広がり、今や歯科界に新しい流れを作り出しつつあります。これからますますのご活躍に、期待ですね!

 

 柴原先生、下釜さん、素晴らしいご講演を本当にありがとうございました(^^)

 

 

西日本支部 ブログ係 野地


| セミナー・講演会・発表 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

第19回経基臨塾発表会
皆さま、こんにちは。
梅雨明けし、暑い日々が続いてますがいかがお過ごしでしょうか。

さて、7月27.28日にホテルオークラ福岡にて、第19回経基臨塾発表会が行われました。経基臨塾というのは、WDC顧問でもあられる北九州市ご開業の下川公一先生のセミナーを受講した卒業生で構成されています。今回は「平成に学んだ経基臨塾の集大成」というテーマで43人のインストラクターや塾生が発表され、下川先生から批評をいただきました。


WDCからは27日に山田明子先生が「傾斜歯」、西村が「残根」というそれぞれのテーマを与えられ発表しました。そして翌28日に、林美穂会長と吉村支部長が「顎関節症」のテーマで発表されました。











演者の発表や下川先生のコメントは大変勉強になり、毎年恒例の「真夏の祭典」は今年も終わりました。 そして今年9月からはWDC会員のための下川セミナーベーシックコースが始まります。8ヶ月間しっかりたくさんのことを学んでいきたいと思います。


ブログ係 西村

| セミナー・講演会・発表 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
   

新着情報

カテゴリー